2017年9月5日

少しだけ。

何かを初めて新しく覚えるとき。次に同じことをやるときはサポートが無くても出来るようにと。もし次に欠落した部分が見つかれば、その次こそはと、申し訳なさそうに教えを請うのが一般的かと思う。

決して、自分が教わるのは当然であり、いつまでも教わり続け、ただのロボットのように言われたことしか動かない、そういう仕事の仕方をしていては、いけない。

あなたの初めてを思い出したら、きっといまよりも熱心に向き合っていたことだろう。いつまでも忘れないで。自戒を込めて。